双極性障害に悩むなら病院へGO!|医師と一緒に治療方法を考えよう

男性

精神科の受診が望ましい

女性

双極性障害ではうつ状態と躁状態とが現れますが、躁状態のときに特に激しい症状が見られます。双極性障害には双極1型と双極2型があり、1型の躁状態では入院治療が必要になることがあります。したがって、双極性障害になったら入院設備のある精神科の病院を受診するのが最適です。

この記事を読む

治療で改善できる精神疾患

チェックリスト

双極性障害は従来躁うつ病と呼ばれた、躁病の症状とうつ病の症状をあわせ持つ精神疾患です。躁うつ病に関する研究は現在も進展しており、今後はより明確な原因や、より適切な治療法が確立されていくことと見込まれています。そして現在の病院での双極性障害の治療法は薬物療法と精神療法が軸となっています。

この記事を読む

精神科での治療

カウンセリング

双極性障害は意欲に溢れた躁の時期に、様々なトラブルが発生することがあるのが問題です。金銭トラブルや人間関係には特に要注意です。現在では精神科でも専門医制度が確立しつつあり、今後は病気に適した形の精神療法が病院で行なわれていくと考えられます。長期間のフォローも期待出来るメリットの一つです。

この記事を読む

専門的な治療を受けるには

看護師

間違われやすい症状

双極性障害は抑うつ状態と躁状態を繰り返す症状があり、20〜30代の若い人に多く見られるのが特徴です。はっきりとした原因は特定されていませんが、精神的・環境的なものが関係していると言われます。主に症状が軽いタイプと重いタイプに分かれ、軽いタイプになると症状が気づかれにくいことが多くなります。日本では500人に1人の割合で双極性障害の発症が見られますが、海外ではこれ以上の割合が報告されています。現代のうつ病の割合と比べて少ないことや、症状の見極め方も難しくなるため、双極性障害を専門的に診る病院はあまり多くはありません。実際に双極性障害は認知度も低いことから、本人や周囲が違和感を感じてもそれが病気だと気づく人は少ないです。家族や昔から親しい人であれば人格の変化に驚くかもしれませんが、それ以外の人からはこういう性格だと認識されてしまいます。ただ、本人の精神状態は正常ではないので、気分の落差に疲れを感じてしまうことになります。精神科や心療内科の病院では、双極性障害を誤診してしまうところも多いです。その多くがうつ病または統合失調症と診断してしまい、それによって治療も当然違ってきます。双極性障害と認められて早く治療をしていくには、専門の病院を探していくことが大切です。この病院探しの力になってくれるのが情報で、ネットを使ってスムーズに探していくことができます。それには病院を検索できるサイトがたくさんあるので、全国から探していくことができ、その口コミも見られます。こういった情報を利用すれば、信頼できる病院で双極性障害を的確に治療してもらうことができます。

治療の特徴

双極性障害の治療は、薬物とカウンセリングで行われます。この両方を続けていくことで症状に変化が見えてきますが、薬物の場合は長期間の服用となる場合も目立ちます。そのため、治療を途中で諦めることなく、上手に付き合っていかなければいけません。薬物では気分を安定させる薬が使われ、抑うつ状態と躁状態の落差をなくしていく働きをしてくれます。気分の状態が激しいと、周りから信頼を得られなくなることもあり、仕事や人間関係に悪く影響してしまうかもしれません。それを抑えていくにも、この薬物治療は欠かすことのできない治療です。双極性障害は再発しやすい特徴もあるため、一生服用が必要な場合も珍しくはないのです。そしてカウンセリングでは、本人の症状の認知度を高めていき、家族を交えた指導が行われていきます。まず本人には、双極性障害を正しく知ってもらうことで今後の受けとめ方をいい方向へ変えていきます。正しく理解していなければ、間違った思い込みで治療もスムーズに進まなくなる可能性もあるので、その受けとめ方が大事なのです。また、家族の理解や協力を得ることも治療には欠かせません。家族も同伴してカウンセリングを受けてもらい、その知識や協力できるところを促すようにしていきます。理解者が周りにいるだけでも心強い味方になってくれるので、家族の存在は大きいのです。これと同時に、スムーズな人間関係や規則正しい生活習慣も指導されます。毎日の生活リズムが整っていることが双極性障害にはとてもいい効果となるので、今後のことも考えた幅広い指導が展開されることになります。双極性障害はこういった専門的な治療を受けなければ、いつまでも症状が続いてしまいます。症状に疑いがあるときはそれを専門とする病院を探していき、症状を細かく伝えることで正しい診断を受けてもらうことができるでしょう。

Copyright© 2016 双極性障害に悩むなら病院へGO!|医師と一緒に治療方法を考えようAll Rights Reserved.