双極性障害に悩むなら病院へGO!|医師と一緒に治療方法を考えよう

女性

治療で改善できる精神疾患

チェックリスト

徐々に解明されている原因

双極性障害は従来躁うつ病と呼ばれてきた精神疾患のことで、躁病とうつ病の両方の要素を持つ精神疾患ということでこのように呼ばれるようになりました。双極性障害の原因はまだ詳しく解明されていません。遺伝子が関与していると考えられていますが、実際に遺伝子が基本的に同じである一卵性双生児であっても双極性障害発症の一致率は100%ではないなどといった研究が進んだことで遺伝子が直接的な要因となって生じる遺伝病ではなく、遺伝的要素と環境的要素、そして生まれ持った患者自身の性格が複雑に関わり、そこに過度のストレスや生活リズムの乱れがきっかけとなって発症するものであると考えられています。そして今後も引き続き研究が進むことでさらに詳しい原因の究明やより効果のある治療法の開発が進んでいくと見込まれています。また、うつ病の発症率が3〜5%程度で、発症年齢も幅広く分布しているのに対し、双極性障害は発症率は0.6〜0.9%程度と低い上に、発症年齢も20代がピークとなっていることも、うつ病と比べると遺伝的要素の影響が大きいことを裏付けていると言えます。双極性障害は、躁病症状が確認できれば比較的容易に診断ができます。しかし、うつ病の症状のみが先に生じた場合はうつ病であるか双極性障害であるのかの判断がすぐには困難で、病院側としては経過を見ながら判断をしていく必要が生じるのです。うつ病症状を発症した人のおよそ2〜3割が経過を追うと双極性障害に転じるという統計があり、中でも20代でうつ病症状を発症した患者の場合はうつ病なのか双極性障害なのかを慎重に経過を観察して診断していく必要があるのです。

うつ病とは異なる治療法

うつ病か双極性障害かを見極める必要がある大きな要因は、うつ病と双極性障害で治療法が異なるからです。うつ病の場合、治療のために病院から処方される薬は抗うつ剤となります。しかし、抗うつ剤の基本的な作用はうつ状態の患者の気持ちを盛り上げることですので、双極性障害の患者に必要以上の抗うつ剤を処方してしまうと今度は躁病の症状が発症してしまう可能性が有るのです。だからこそうつ病の症状を発症した患者が本当にうつ病による症状なのか、それとも双極性障害の片側の要素だけが先に現れたのかを病院は慎重に判断する必要があるのです。双極性障害の際の治療法には薬物療法と精神療法とがあります。薬物療法の場合、服用する薬の中心となるのは気分安定薬です。躁やうつの気分の波を小さくし、精神面を安定させることを目的とした薬で、再発予防にも効果がありますので、症状が治まった後も病院の指示に従って当面服用していくことが必要です。気分安定薬に付加する薬の有無は患者の症状次第となります。激しい躁状態となっている場合には鎮静効果のある抗精神病薬を処方されますし、逆に程度の重いうつ状態に陥っている場合には抗うつ剤を処方します。また、寝つきの悪い患者には睡眠薬も処方します。しかしこうした抗精神病薬や抗うつ剤、睡眠薬といった薬はあくまで付加的なものであって、基本的には気分安定剤の服用が薬物療法の核となっているのです。精神療法に関しては認知行動療法、対人関係療法などの治療法が確立されています。いずれの療法にも共通することが患者自身の能動的な姿勢が効果の大きさを左右するものであるということです。従って、双極性障害を発症してしまった際はいち早く病院に出向き、医師が指示する適切な治療法を能動的に実践してみることが大切なのです。

Copyright© 2016 双極性障害に悩むなら病院へGO!|医師と一緒に治療方法を考えようAll Rights Reserved.